終了まで 残り
00日00時間00分00秒

2025年までに
〇〇しないと下流老人決定!

あなたは今、
収入の柱が何本ありますか?

まさか、会社のお給料だけ、

なんて事はないですよね?

もしそうだとしたら、

残念ながらかなり高い確率で、

あなたは下級老人行き決定です。

2020年、

突然始まったコロナ禍を境に、世界経済は一気に衰退し始めました。

元々この年を境に日本経済が衰退することを、

世界各国のアナリストたちが指摘してきましたが、

日本にとどまらず、ほぼ全ての先進国でコロナによる経済的打撃を受けているのは、

周知の事実です。

さらには

ロシアとウクライナの戦争が、

第3時世界大戦へと発展する確率は

非常に高いと言われています。

この戦争は単なるロシアとウクライナの2国間問題ではないからです。

ヨーロッパの人たちは、自力で生きる方法を模索して、

さまざまな副業や投資を始めていますし、

アメリカ人もしかりです。

アジアでは元々起業する人が多く、自力で生きていくべく

みんな必死で生活を変えています。

そんな世界情勢の中、なぜか日本人だけが、

呑気に何の手も打たず、この後に及んでまだのほほんと生きているのです。

あなたももしかしたら、それほど危機感を感じていないかもしれません。

その様子はまるで、沈み始めたタイタニック7号の甲板で、

沈むことも知らずにダンスパーティをしている人々のよう。

船底にはもう水が入って来ているのに、気づいていません。

今まさに、

あなたがその状態なのです。

もしくは危機感があっても何をしていいかわからず、

思考停止している方もいるでしょう。

誰かがなんとかしてくれると思うことで、

自力で考えることから逃げていませんか?

今後、具体的にどうなるのか?

誰一人としてイメージできていない、

それが今の日本の実情です。

それは、突然やって来ます。

その時の様子はまさに地獄絵図。

逃げ惑う人々・・・

阿鼻叫喚・・・

累々と積み上がる屍・・・

一体何が起こるのか、想像できないでしょうね。

それは、タイタニック号が沈むとわかった時のパニックに似ています。

このコロナ騒ぎは2025年まで続くと言われています。

その後、あなたと家族に降りかかるのは、

150円で買えていたペットボトルの水が

500円になるという現実。

もちろんペットボトルだけじゃありませんよ。

全てのものが最低でも3倍になるとお考えください。

なのにお給料は据え置き、または減るのです。

それがハイパーインフレです。

もっとわかりやすい例を出しましょう。

今あなたの給料が月に手取りで30万円だったとします。

それがいきなり、来月から10万円になったら?

ものの値段が同じだとしたら、暮らしていけませんよね?

それと同じことが起こるのです。

すでにほんの数日で1ドル114円から一時は125円まで進み、

一部のFXトレーダーはロスカットに泣いたはずです。

円安は留まるところを知りません。

その後もどんどん価値を下げ、今や140円に届く勢いです。

円の価値は世界的にどんどん下がっているのです。

もう、有事の円ではなくなっているということです。

もしあなたが、日本円の収入源しかなかったとしたら、

路頭に迷ってしまうでしょう。

もちろん大事な家族も養えず、道連れになってしまうのです。

そんな人たちが大勢居たら、

年金だって生活保護だって、

もらうことは出来ません。

財源が足りないですからね。

そうしたらもう一家心中とか餓死とか

そんなありえない光景が日常茶飯事になるかもしれないのです。

どうでしょう?

それはさながら地獄絵図のようではありませんか?

ならば一体、どうしたらいいと言うのでしょう?

2022年
〇〇した者だけが生き残る!

フランスの経済学者、トマ・ピケティが

「21世紀の資本」の中で言及したように

全世界の資本主義経済が崩れ落ち、経済格差が大幅に広がって来ているのは、

あなたもご存知の通りです。

民主主義や平等は私たちが生きて来たほんの200年程度で出来た価値観であり、

それ以前の長い歴史の中で、人々が経済的に平等だったことは一度もありません。

今、無理やり平等を推し進めたひずみがやってきて、

社会は元ある自然な姿に戻ろうとしています。

王族と奴隷

貴族と平民

と言うように、生まれながらの不平等は消えても、

大富豪と貧乏人

という格差は、誰にも止められないのです。

それが、経済のあるべき姿であることは、歴史が証明しています。

長い歴史の中で、人々が経済的に平等だったのはここ200年だけなのですから。

2025年までにきっちりと、

見えない身分差が確立します。

大富豪か、家畜さながらの貧乏人か、

あなたはどちらに生きたいですか?

どっちにしても、何も手を打たなければ、

99%の人は家畜行きですが。

それを回避するには、今年中にあることをしておかなければならないのです。

それは・・・

21世紀の貴族とは?

突然ですが、

あなたは貴族というと

どういうイメージを持っていますか?

大金持ち?
遊んで暮らす人?
税金を使う人?

実は、

働かないで税金で暮らす人
が正解です。

そして、2025年から2050年までに、この
税金で暮らす人=貴族
が、激増します。

でもそれは、あなたが想像するような世界ではありません。

21世紀の貴族が受け取るのは、
同じ税金でも低額の

「ベーシックインカム」だからです。

働かないで暮らせるのですから、

それはそれで悪くはないでしょう。
でも生活は最低限です。

鶏小屋のような所に住んで、

コンビニ弁当みたいなものを食べて、
ただ生かされる暮らし。

片や、大富豪もやはり働かないで、

全てから自由になります。
税金で暮らすのではなく、

自分自身がかつて稼いだお金が自動でお金を生むしくみで、
どこにも所属せず、

時間からも
場所からも
お金からも
人からも
そして寿命からも、

全てから解放されるのです。

あなたはどちらの貴族になりたいですか?

全てから自由になれる大富豪への切符は、
もうすぐいくら払っても買えなくなりますが、
今なら無料でその切符を手に入れる方法を教えます。


なぜ海外資産が必要なのか?

さて今回

「誰でもできる 0から1億円の海外資産構築法PBD2.0」

を無料でお教えするわけですが、

なぜ、海外資産が1億円分必要なのか?

というのはもう理解していますか?

2025年までに起こると予測されている

ハイパーインフレ

日本円しか持っていない人の生活レベルは、

3分の1以下になってしまいます。

だから、外貨での資産構築が、

3年以内に絶対に必要になるのです。

しかし、これは動画で詳しく説明しますが、

ただ海外に資金移動するだけでは全く意味がありません。

いくつか押さえておくべき重要な要素があるのです。

それに今、海外に資産を移動するのはとてつもなく難しくなっています。

まず、海外送金させてくれません。

現金で持ち込もうとしても、

銀行はお金を下ろさせてくれません。

すでに持っている円資産には、

さらなる税金をかけようとしています。

でも、まだ多少の資産があるならばマシです。

もしあなたが今、海外に移動すべき資産もなく、

投資に回す種銭もなかったとしたら?

来るべき地獄に間に合わないですよね?

いくら危機が目の前に迫っているとわかっても、

手も足も出ずにただ沈むのを待つだけ。

残念ながらそれが、

90%以上の一般大衆の運命です。

ああ自分には関係ない話か・・・

そう思ってしまう方も多いでしょう。

でも、ご安心ください。

それらすべてをクリアして

資金ゼロの人が2025年までに海外資産を1億円作って

大富豪の仲間入りできる可能性のある方法が、

たった1つだけあります。

その方法を今回、期間限定でお教えするのです。

それは、

海外で出会ったある政府筋の方からの情報を組み合わせて

偶然できたスキームでした。

蝶乃舞プロフィール
蝶乃舞
投資家/著者/講演家/旅人/アーティスト

本名:高嶋美里 早稲田大学理工学部数学科卒

元大手予備校数学講師

2003年双子出産

2005年インターネットビジネスを始めてあっという間に年収2億に

2014年ワールドベンチャーズでたった3ヶ月で最高タイトルを獲得し世界一に

2015年シンガポール移住

2019年アーティストデビュー、オリコン2位

2020年ドバイ移住

勝利の女神の異名を持つ。

成功者を多数輩出、著書は11冊、中国語、韓国語にも翻訳されている。

不労所得と不老不死を追い求め世界中を庭のように駆け巡る。

坂井増由美プロフィール
坂井増由美
経済専門家/投資家/著者

投資人生30年以上

経済誌のコラムを20年以上担当

FXの女王として数々の投資本を出版

5年前にドバイに移住し、ドバイの王族とのコネクションを作り資産を10倍以上にした

生後2時間で母を亡くし、父親からも二人の兄からも「お前なんか生まれてこなければ良かった。」と言われ、8歳の時には貧困から一家心中未遂。

幼いながらに「貧乏だと死ななければならいなんだ」と厳しい現実を知り、「死にたくない! 絶対に億万長者になる!」と決めた。

8歳の時から億万長者になるにはどうすれば良いのかを考えて生きてきた。

出した答えは、「世界の経済を知ること」だった。

小学生の頃から、お金を稼ぐ事とは関係ない勉強は極力せず、体育・家庭科・音楽・美術などの授業は極エスケープし、その間、世界経済について学ぶ。

8歳の時から内職をし、中学になるとアルバイトをして貯めたお金で17歳の時に起業。

その後、法律上、株の取引ができる20歳になり、株取引で100万円を数千万にする。

その数千万を元に為替取引を行い、億を稼ぎ、当時仮想通貨と呼ばれていたビットコインなどの暗号資産取引を行い、数十億を稼ぎ出した。

坂井氏は20年連続で年収億を下回った事ががない。

事業や投資で一発稼ぐ人は多いが、稼ぎ続ける事は非常に難しい。

そこで、「20年連続で年収億を稼ぎ続けている秘訣は?」と聞くと、

「世界経済を知り、世界の需要は、何に向かって行くのか? と、“今”ではなく“少し先の未来”を知ればいつの時代も稼ぎ続けることができます。世界経済はそれを教えてくれるのです。経済学は難しいと思うでしょうが、稼ぐための経済学は非常に簡単です。むしろ、稼げない知識は必要ない。経済から、稼ぐための答えを導き出す事が重要です。」と彼女は答える。

期間限定!無料視聴
スマートフォンでもご覧いただけます